私の今日の1日

専業主婦なので、だらだらと過ごしていたら、1日はあっという間に過ぎてしまいます。
毎日を充実して過ごすためには、朝の時間をどれだけ有意義に過ごせるかにかかっていると思います。
午前中にこれもこれも出来たと思うと、午後からがなんとなく余裕たっぷりに優雅に過ごせるのです。
ただの自己満足なんですけどね。

今日の朝したこと

Einladung_zum_Essen / Pixabay

今日は朝からプリンを作りました。
このプリンのレシピはかなり気に入っていて何回も作っています。
なんといっても材料が4つで小鍋とフライパンがあればできてしまうんです。
砂糖、牛乳、生クリーム、卵黄だけなんです。
混ぜて、こして、容器に入れてフライパンで湯煎して蒸して作ります。
カラメルも要らず、濃厚でお店で買ったような高級なプリンができるのです。
なんでプリンを作っているのかっていうと、デザートを手作りしたら市販の物を買うより健康にいいのではないかと思って。

昨日はゴマおこしを作りました。
マシュマロとゴマだけで作るのに、美味しいんです。
小腹がすいたらちょっとつまむ。
カロリー控えめのおやつです。
セサミンもたっぷり摂れます。

朝9時台に家を出て買い物に行きました。
これも自分に挑戦。
10時以降に家を出るより9時という早い時間に家を出たというのが小さな達成感です。
車で3か所寄るところがあったのに、11時台に帰宅できたので、午前中に買い物も用事も済ませた。
今日は合格かな。
早速ご褒美に朝から作って冷蔵庫で冷やしてあったプリンをいただく。

買い物はまず牛乳パックと食品トレーを回収箱に入れてから出発。
食品トレー回収箱に納豆、キノコのトレーは回収しないと書いてあった。
納豆は分かるけれど、キノコのトレーは何でダメなのかしら。

あっ、その前にまずは本屋に寄ろう。
大きいショッピングモールなんで色々なお店が入っていて楽しい。
朝早いとすいているから見やすい。
やっぱり朝早い時間はいいですね。

プレゼント探しで本屋さんへ

PublicDomainPictures / Pixabay

本屋は時間がある限りずっと見ていたいけれど、今日は目的の物を探す。
あった。それも美本。
姪っ子にプレゼントしようとしていた本が、別の本屋で探したらあまりきれいでは無かったんです。
プレゼントするなら帯は折れていなくて、ほこりもついていなくて、傷がついていない綺麗な本がいいですよね。
甥っ子のプレゼントには漫画の本を買った。
中学生の女の子が同級生の男の子をからかう漫画。今、流行ってますよね。
試し読みをした時、思わずぷぷぷと笑ってしまうくらいかわいくて面白い漫画です。
喜んでくれるかしら。

何でプレゼントかっていうと、実家に帰るんです。
何年も実家を離れて暮らしていると、地域のお土産も買いつくしたし、
今回はお土産に本をプレゼントすることにしたのです。

実家に帰る前には冷蔵庫の中身もすべて使いきらなくてはいけません。
1週間くらい献立を考えて使い切る準備をします。
今日の買い物は余計な物を買わないように、メモを書いてきました。
メモにないエノキをカゴに入れてしまった。
安かったんです。
なかなか計画通りにはいきません。

食材を使い切るのが苦手で、まだ玉ねぎが2つも残っているとか、牛乳が1リットルも残ってるとか
いつも実家に帰る前にバタバタしてしまいます。
ゴミも捨てないといけないですね。
以前1週間くらい実家に帰っていて、ヤカンに沸かした麦茶を常温で置きっぱなしにしたことがあります。
季節は夏。
中身はヘドロと化していました。
こんな失敗をしないように実家に帰る前にやることリストを作りました。

買い物が済んだら図書館で借りている本の返却。
それなのに、帰ってきてから図書館から予約した本が届いたとメールがありました。
人気の作家さんで10人待ってやっと届いたのに。
実家に帰るから取りにいけないので、電話でキャンセルし、再度予約をしてもらいました。
また9人待ちになってしまいました。
この本を読むのはまだ先だわ。

 

図書館から自宅までの帰り道にいつも通り過ぎる町田の葬儀社さんがあるんですが今日は花束がいっぱい外に出ていました。特にいつもと変わりがない風景ですが、何となく気になってしまい考え込んでしまいました。

考えていると、そういえば1週間くらい前の深夜に救急車が近くに停まっていたことがあったので、近所の人の不幸があったのではないのかな。心配です。

突然の不幸はかなりショックが大きいですよね。私や主人の両親は共に元気なのでまだそういった心配はありませんが、この先のことを考えると不安になってしまいます。

私も長生き出来るように健康には人一倍気を遣っているつもりです。毎日有意義に過ごすこともその健康の一環です。毎日だらだらと過ごしていると老け込んでしまいますからね。私の両親も主人の両親も私の家族も皆健康に過ごしていきたいものです。

週末には楽しみが待っている

実家に帰って1泊2日の旅行を予定しています。
それが天気予報を見ると雨になっているんです。ショック。
旅行の計画ってなぜか晴れることがあたりまえで考えてしまいますよね。
それもお花畑をハイキングする予定だったのに。
降水確率80%の雨だからハイキングは難しいかな。
あーせっかく楽しみにしていたのにどこに行こうかな。
お寺や神社で行きたい所があったからもう一度調べなおそっと。
地元のスーパーマーケット巡りができるかな。
その土地の食材を探すのが結構好きなんです。
予定が変わったら変わったでそれなりに楽しめますよね。

韓国子供服は実際に見て買うのが一番

今の韓国子供服って可愛いのがたくさんありますよね。女の子の服なら本当に可愛いのがたくさんありすぎてどれを買おうか迷ってしまいますよね。でも、子供ってすぐ大きくなるイメージがあるから、どのサイズを買えばいいのかそれも悩みの一つですよね。なので、やっぱり直接見て買うことをお奨めします。通販も可愛いの多いしお得なのが多いから買いたくなりますよね。実際私も通販の服たくさん買いました。確かにその中に買って良かった物もたくさんあります。けど、実際届いてみると写真とかなり違った物が多かったですね。何でこんなとこにポケットが着いているのとかデザインや、機能性についても、これはどう結ぶんだろう?とか首を傾ける物が結構ありました。幼稚園とか保育園に入る前の子供は結構何を着せても文句を言わないのですが、入園した後の子供、特に女の子はうるさいですよね。あの色はやだ、スカートじゃなきゃ幼稚園行かない、この間買った洋服じゃなきゃ可愛くない、とか、散々文句を言って泣きわめく子もいるぐらいです。女の子はこだわりがあるので大変ですよね。なので、やっぱりお店に行って合わせて買ってあげるのが一番だと思うのですが、ここでも問題があります。あと、幼稚園ぐらいですと、パンツにポケットが着いてあるのも重要ですよね。幼稚園によってはポケットの着いていない園服もありますから、ハンカチ、ティッシュを入れるためのポケットも重要だと思います。その子の年によって、親がこっちの方が可愛いからこっちにしようよと言っても、「そっちは安いからそっちにしようって言うんでしょ。私はこっちの高いのがいいの。」と言うようになったらもう完全にお手上げです。ブランドによっても、サイズが全く違うのもありますよね。同じ130でもこんなに違うものかとか、後は流行物も難しいですよね。売り尽くしセールで安いからと言ってたくさん買った結果、一度も袖を通さないで捨ててしまうなんてことも。その子供服が150、160であるならば、親の私が着れたりするので、最悪、デザインがあまりにも子供っぽくなければ、私が着たりしました。あとこれからの季節、ファーの着いている服もたくさん出ると思うのですが、ファーが着いているのは確かに可愛いです。でも、小さい子の首筋に着いている場合、その子が喉が弱い子とかだと、咳が頻繁に出る場合もあるので要注意です。子供服を選ぶポイントは小さい子ならデザインよりも、機能性。ある程度大きくなれば、機能性よりもデザインですね。

私の娘が好きな子供服をアクシーズファム買った時のこと

私はアクシーズファムというブランドのお洋服が好きです。アクシーズファムはレースやフリルが多く使われていて、ワンピースやチュニックが可愛いです。刺繍やビジュー、バラの飾りなど価格がお手頃の割に凝っています。クラシカルからカジュアルまで扱っているお洋服のタイプが幅広くて、お店でいろいろな年代の方を見かけるので服のタイプを選べば長く着られると思って愛用しています。私は娘が小さい頃から一緒に買い物に行ってショップで見ていました。娘は私が選んでいる洋服を見て「これは好き」「これはイマイチ」と自分の感想を言っていました。そのうち娘がアクシーズファムの子供服を着ることができるくらい大きくなりました。そうしたら「ママみたいに可愛いお洋服が着たい。ママとお揃いのお洋服がいい」と言ってきました。娘が選んだ子供服を見てみると、私の好みとは若干違いました。でも娘が着たいものを着るのが一番だと思って購入しました。娘はとても喜んで買ったその場で着たいと言い出しました。一番最初に買ったお洋服はタグを店員さんに切ってもらって着て帰りました。娘にとってはとても嬉しく最高な体験になりました。喜んでいる娘を見て私もハッピーになりました。アクシーズファムでは季節ごとに娘の子供服を何着か買っています。娘が自分で選ぶこともあれば、私が一人で出掛けて良いなと思って購入することもあります。娘は「ワンピースはキラキラがついてお姫様みたい。お洒落で大人っぽい」といつも言っています。アクシーズファムの子供服は他で見かける子供服のようにはっきりした色合いではなく淡い色のものが多いので、外遊びの時は着ないように言ってきかせてます。ワンピースは飾りがついていて、レースなど引っ掛けやすいものが多いのでお出掛け用として言っています。カットソーは可愛いけれども装飾が少ないので、絵の具など図工がない時に学校にも着て行っています。お友達に着ている子がいないので可愛いお洋服と言ってもらっているようです。娘がママとお揃いのものが着たいとのことで、シンプルなデザインで飾りがついていないもので何着か揃えました。まだお揃いのものがほんとうに嬉しいみたいで、遊園地や動物園に行くときは一緒に着ようと言ってきます。お友達にお揃いと気付いてもらえると嬉しそうに話しています。今は娘がアクシーズファムのオンラインショップを見て次に購入する服を自分で考えています。ショップで実際に試着して大丈夫なら購入です。先日はポンチョを購入しました。長く着られそうなデザインで母親の私も嬉しいです。

 

最後のちょっとした気遣いが嬉しかったです

友人にそのショップの商品がいいよと紹介され、購入しに行きました。
その商品とはメッシュのベビー下着です。
夏場だったので下着を着せたかったものの、下着を着ることで暑くなり、汗をかいて汗疹ができていました。
友人から紹介された商品は、メッシュ素材なので通気性がよく、快適な着心地になりそうでした。
また股のところでホックで止められるようになっているので、お腹も冷えることがなく、オムツ替えもしやすそうでした。
そのショップに行って目的のものを購入した後、他の商品も見てみようと店内を見回りました。
お手頃な価格の商品がたくさんあり、また、値下がりしている商品もたくさんあったので、すぐに服を汚してしまう子どもの服にはありがたい価格でした。
ベビーだけでなく、キッズの服や、大人の服も揃っているので家族みんなで買い物に行くことができます。
この日は夫に子どもたちを預けて買い物にいっていました。
レジに行って支払いを使用としたときのこと、レジのスタッフの人から、
「今日は子どもさんは来られてないですか?」
と聞かれました。
たまたま子どもたちを預けていた日だったので何も思わず
「今日は連れてきていません。」
と答えました。
何でこんなこと聞いてくるんだろうと思ったら、スタッフの方から
「今日子どもさんを連れてこられていたらプレゼントがあったんですよ。」
と言われました。
スタッフさんに取っては当たり前の事だったのかもしれませんが、そのプレゼントのことも知らなかったのでビックリしました。
一緒に並んで側にいないのに、購入したベビーやキッズの服を見て子どもがいる人なんだと考え、もし一緒に来ているんだったらプレゼントがありますよと聞いてくれる、スタッフさんの気遣いがとても嬉しかったです。
その日の買い物は最高な体験でした。
その日以降、よくそこの子ども服を購入するようになりました。
始めは私が選んで購入した服を汚してしまう受動的に着ていた娘ですが、だんだん大きくなり、自分の着る服に注文をつけるようになり、一緒に服を選べるようになりました。
娘のお気に入りのキャラクターとコラボした商品もたくさんあるので娘は大喜びです。
毎回ではありませんが、子ども用のイベントなどもあるので楽しく買い物ができています。
かわいいだけでなく、冬の暖かい素材、夏の涼しい素材など機能もいいのでまとめ買いして使っているものも多いです。
気に入っているものは子どもの成長に合わせてサイズ違いを毎年買っています。

一人でゆっくり自由に子供服の買い物

初めて子供が家族になったのは男の子でした。私たち夫婦ともども働いているので特に生活には困っていませんが夫婦共に成長の速度が速い子供服に高額を払う事を望んでいませんでした。この考え方は夫婦共に相違はなくどちらかと言うと主人の方がストイックな位です。ですので初めての子供の服はほぼ頂き物、フリーマーケット、古着屋さんでの購入になります。私の母まだ仕事をしているので比較的財布の紐は緩いので見かねてミキハウスの服やどこかのブランドノ服を購入して来てくれます。少し子供が不憫だ、という言葉を添えてくれます。有難く使用しています。
子供が産まれてずっと子育てをして5か月位子供と二人で過ごしていました。一人でゆっくり買い物に行きたい事を望み、主人にお願いして子供を見てもらい、一人で大きなフリーマーケットへ出掛けました。勿論、子供の服を購入する為です。本当に久しぶりにお金を握りしめて一人で大手を振って出掛けました。そこでの買い物は本当に楽しくて仕方がありませんでした。元々買い物は好きな方ですし、フリーマーケットは中でも大好きです。自分の気に入った物が安く手ごろな値段で手に入れる事が出来るからです。正規品では数着しか購入できない状態ですが、フリーマーケットでは安価で沢山購入出来ます。貧乏症な事もあり、新しく買った服を汚すのはかなりのストレスですが、フリマで買った服は始めからやや使用感があるのであまりストレスなく着る事が出来ます。子供にも服を汚す事で怒ったり、行動を制限させる事なんてしたくありませんのでフリマは打ってつけです。新しい物はその1回だが新しいのであってその内、古着になります。そうなれば、古着で買ったのか新品で買ったのかは結局は自己満足になるのではないかとも考えています。
久しぶりに行った大きなフリーマーケットでは1着6000円はするであろうヒステリックミニ等の好きなブランドを3ケタの価格で沢山買いました。色んな店の物や季節の関係なくTシャツからジャケットまで色んな物を出品されていたので、一気に色んな物を購入する事が出来ました。会場は広く平面で一階だけです。あちこち店ごとに歩き回らなくても色んなジャンルの服や小物を見て回る事が可能です。子供が実際にいないのでこの服は着る事が出来るのかどうか、サイズに間違いはないかを判断するのは困難でしたが普段節制しているだけにここぞとばかりに沢山好きな物を購入出来るのは幸せでした。

売られているサイズは限られているので注意。

子供が成長していくにつれて洋服がサイズアウトしていきました。
寝る時に着せていた肌着も外出用の外着も入らなくなってしまったので、新しく購入しようと思い立ったのですがどうせ買うならちょっとしたブランドの物を購入しようと子供服のブランド店を訪れました。
しかし我が子のサイズがありませんでした。

そもそも置かれている洋服のサイズが少なすぎるように感じます
体の大きい子は入る服がちゃんとあるのに、小さい子用の服がこれほど少ないとは思いもよりませんでした。

お店をあちこち巡りましたが、基本的に小さいサイズがなかなかありませんでした。
我が子は成長が乏しく、小さめのお洋服しか着れないので困りました。
親戚にはまだこれから出産するだろう子達もいましたのでなるべくしっかりとした生地で少々名の知れた洋服を購入して、古着は彼女達に譲ろうと考えていたので悩みました。
我が家は手の届きやすいお店の洋服でも
構わないのですが、色々支援をしてくださった親戚の方達に良い物を残したい気持ちからです。
受け取っていただいても失礼にならない程度の物を購入しようと決めていました。
けれど、着れるサイズがありません。

赤ちゃん用品店には、我が子が着れるサイズがあるのですがブランド服を買おうとするとこうも頭を悩ませるのだと初めて知った出来事でした。
子供服は大人の服と違って入手が困難となるサイズもあるのです。
大人用の服は大手メーカーであればサイズも揃えられていますし、その中から選べば良いだけなのに子供服だと選べるサイズがないのです。

かといってじゃあ仕方ないから大きくなったらまた買いにこようとは思えませんでした。
既にサイズアウトしているため、なにかしらサイズの合う服を揃えなければならなかったのです。
でなければ我が子は肌着すら無い状態でした。

結局、親戚に譲ることは諦めて赤ちゃん用品店で洋服を購入しました。
お安く買えますし、子供はすぐに成長するので一時期しか着ないでしょうからそのことを考えれば賢い買い物だとは思いますが、支援してくださった親戚の子達の助けになれるよう、お古として渡しても恥ずかしくない程度のブランド服が欲しかっただけなのにと落ち込みました。

妊娠時で最も楽しかった時間です!

子供服を始めて購入したのは、妊娠9ヶ月の時でした。これまで子供服専門店には事前の下見や、友人の出産祝いなどで脚を運んだことは何度もありましたが、行く日まで事前に決めており楽しみにしていました。

母も、その日をとても楽しみにしていました。私の出産がわかった翌日にはショッピングセンターの子供服売場に出向いていたほどでした。

この日は、お世話を始めるにあたり、まず必要最低限のものを買うことにしていたので、赤ちゃん服専門の量販店に向かいました。

まずは店内を一周し、何を見てもかわいいと連発する母と私でした。文字通り何時間でもいてしまいそうだったので、まずは肌着から選ぶことにしました。

ベビー肌着と言っても、短肌着、長肌着、コンビ肌着、など色々種類があり、何がどう違うのか事前に調べてきたはずなのに、あまりの種類の多さにわけがわからなくなりました。店頭の説明ボードと現物を見ながら、あーだこーだ言いつつ選んでいたのですが、新生児セットというものがあり、結局それにすることにしました。肌着についてはデザインよりも肌触りにこだわることにし、国産、オーガニックコットンを選びました。

次はベビーウェアです。男の子なので、水色と黄色をメインに選ぶことにしました。母曰く「最近は大人っぽいおしゃれなデザインのベビー服も多いけど、赤ちゃんには赤ちゃんの時しか似合わないようなデザインが良いのではないか」とのこと。一理あるので、赤ちゃんらしいやさしい色合いとかわいらしいデザインのものを選び始めました。

が、なかなか決まりません。正しくは、色々と欲しくなってしまい、選びきれないのです。ひとつ選ぶと他のものが良く見え、それを選ぶと手元にあるものとデザインが似ているから他のにした方が良いかも…など迷いに迷いました。足りなければ、すぐ買いに来れる距離なので、足りなければまた来ようとどうにか絞り込みました。

他にも必要なものをそろえ、おくるみを選んでいる時に母がふと「おくるみは、デパートで買わない?上質なものが買いたいから。安いもので赤ちゃん包みたくないなぁ」と冗談とも本音とも取れることを言うので、引き続きデパートに向かい購入しました。

こんなに楽しい時間があるんだ、と思うほど私たち親子にとっては幸せな時間でした。母が、服を選ぶのが何より楽しみになので、お下がりなんかもらわないでね、と言ってくれたのが印象的でした。

帰ってから気づいたのですが、選びに選んだベビーウェアは全て、クマのデザインだったのには、笑ってしまいました。あれだけかぶらないよう気をつけていたはずなのに…今考えても、良い思い出です。

娘の入学式の服探し、苦労の甲斐あり大満足

娘が小学校入学を控え、入学式に着る服を探すときは、かなり張り切っていました。

娘はシックな色よりも、明るくてきれいな色が好きです。
そして、私も同じく娘に着せる服は明るく女の子らしい服が好き。
更には、恐らく黒、紺、グレーなど、ダークな色が多いと予想される入学式だけど、
パステル系の服を着せれば、たくさんいる子供たちの中から娘を探すことが容易にできるという目的もありました。

入学式の服装と言えば、上下セットのスーツや、ワンピースにボレロなどのアンサンブルが多いです。
畏まった服なので、普段着には使えないし、ちょっとしたお出かけに着せるにも、
いかにも入学式に着ましたというデザインだと応用が難しいです。
そう何度も着る服でもないので、できれば1万円前後の予算で探したいというのもありました。

私はどんな服にしようか、まずはインターネットで調べてみることにしました。
たくさんの可愛らしいスーツやワンピースがあります。
価格もリーズナブルなものが多いです。
だけど、当然のことながら試着ができません。
インターネットは、こんな服が良いというイメージを固めるためだけに利用しました。

次に、ヨーカ堂やイオンなど、大型スーパーの卒園式、入学式用の服を扱う特別展示コーナーに足を運びました。
噂に聞いてはいましたが、AKB48を連想させる、チェックのスカートに紺のブレザーのセットで、至る所にフリルがあるデザインが多いです。
可愛らしくもあり、スカートやブラウスは普段使いもできそうではありますが、
イマイチ私の好みではありません。
とりあえず、娘に試着させてみたものの、
娘は標準体型なのですが、肩幅が狭く、痩せ型ではないけどウエストがガバガバになってしまいました。
娘も紺を基調とした服には興味を示しません。
私が言うから仕方なく試着したといった感じです。

娘は展示されている服の中でも少数派の、淡い水色やピンク系にベージュや白を組み合わせたものが好みのようです。
私もどちらかと言えば、その方が好きです。
でも、やっぱりこれだというものがありません。

そこで、今度はa.v.vとZARAを見ることにしました。
どちらもちょっとお姉さんっぽいデザインが私と娘の好みです。
価格も安くはないけれど、高くもないといった感じです。

まずはa.v.vへ行きました。
入学式用の服がいくつかありました。
パステル系のワンピースに白いボレロのセットが割と可愛いので着せてみました。
悪くありません。
だけど、いかにも入学式で、やっぱりお出かけ時に着るのは難しそうです。

次にZARAに行きました。
ZARAは海外ブランドだからなのか、入学式として着る服はありませんでした。
だけど、とてもかわいいベージュピンクでツイードっぽい布地のワンピースがありました。
親子で一目惚れです。
もちろん試着、とってもかわいいし娘に似合っています。
是非とも入学式はこれを着せたい。
だけど、ワンピースは短い半そでなので、上着が必要です。
ZARAの中で探し、店員さんにも相談して、ボレロのカーディガンを合わせてみましたが、ちょっとカジュアルすぎる感じです。

悩みに悩みましたが、
そこで、さっき見たa.v.vに、ベージュのジャケットが単品で売られていることを思い出しました。
カットソー素材だけど、しっかりとしたジャケットの形をしていて、ポケットにリボンのデザインがついています。
入学式用に出ていて、フォーマルとして着れますし、案外ジーパンに合わせても似合いそうなものでした。
再びa.v.vに戻り、さっそく娘にジャケットを試着。
頭の中でイメージを固めて、もう一度ZARAに戻りました。

そして、まずはZARAのワンピースを購入。
万が一a.v.vのジャケットを合わせてちぐはぐだったら、別のジャケットを探すつもりでした。
とにかく、このワンピースを着せたかったのです。

その足で、もう一度a.v.vへ行きました。
店員さんに断りを入れて、試着室でZARAのワンピースに着替え、その上からa.v.vのジャケットを試着してみると、
とてもピッタリで、全く違和感なく、まるでセットアップみたいでした。
これで決まりでした。

やはり試着が大切だと思ったのは、
娘はその時の身長が124cm程度でしたが、
ZARAのワンピースは140サイズの方が似合い、a.v.vのジャケットは120サイズがピッタリだったのです。

ワンピースとジャケット、違うブランドでの購入でしたが、
私の理想を満たし、娘もとても気に入ってくれ、最高の買い物となりました。
どちらも低下が5000円弱、予算の理想も満たしてくれました。

その後、ワンピースとジャケットは、ちょっとしたお出かけに着せています。